スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の橋をたずねて

上士幌市街から山間部へ国道273号線を走ります。
189.jpg

上士幌から十勝三股・層雲峡へと続くルートは、東大雪の森を貫き十勝と上川を結ぶ重要な交通の要所ですが、
険しい山岳地帯に道路を造るというのはどんなに大変だったかと走行しながら思います。

その国道に沿うように旧国鉄士幌線の鉄道橋がところどころ残っています。

旧国鉄士幌線とは
東大雪の厳しい山岳地帯を貫いて帯広と上川の間を結んで林産資源や農作物などの輸送を担い道東地方の開拓に活躍した鉄路です。

上士幌駅から以北は1Km進むごとに25m標高が上がる急勾配で終着の十勝三股駅は海抜661・8mという北海道でもっとも高い位置にある駅だったそうです。
まさに、道内屈指の山岳鉄道。
旧国鉄士幌線では建設費を抑えるために砂利や砂などの資材をを現地調達してコンクリート製で、
国立公園内なので景観を考えて曲線の美しいアーチ橋が採用され、戦前の1936年~38年に建設されました。
その後、糠平ダム建設に伴い新しい線路のアーチ橋が戦後の1955年に付け替えられました。
アーチ橋は大小60もあったそうです。

その後、人口の減少や産業の変化に伴い交通手段も車へと変わったために旧国鉄士幌線は1987年に全線廃止となりました。
97年にはアーチ橋の解体の危機を迎えましたが、地域住民らによる保存運動が起こり
翌98年に上士幌町が34の橋と線路跡を取得し、現在も『NPO法人ひがし大雪アーチ橋友の会』などが保存活動を行っています。

コンクリートアーチ橋梁群は2001年に北海道遺産にも選定され、現在はこららの橋を巡るツアーも行われ観光資源として活用されているそうです。


と・・・上士幌町発行『かみしほろ旅図鑑』のを参考に長々解説しましたが、
タウシュベツもこれら糠平ダムの建設によって糠平湖の湖底に沈んだ旧鉄道のアーチ橋の一部なんです。

「タウシュベツを見るなら他も見よう!」と勇んでいきましたが、ここは山深い野生のエリア。
至る所にこんな表示が
j10.jpg
これは、犬たちは車で待機です。ダニーもすごいのが居そうだしね。

『かみしほろ旅図鑑』のマップのすべてを廻るのは無理なので、国道沿いの簡単に見られる所だけにしました。
まずはマップの写真どうりの『第三音更川橋梁 1936年製造 長さ71m』

j112.jpg

反対のほうも深い淵でちょっと怖い。
j222.jpg




次は『第二音更川陸橋 1936年製造 長さ73m』
j44.jpg
浅瀬に残る美しいアーチ橋です。

ちょっと移動して
『第四音更川橋梁 1936年製造 長さ91m』
89-500.jpg

二つに分かれいる橋の跡古代遺跡のような趣です。
092.jpg

93-1.jpg


この橋の奥の山間部には
『糠平第一橋梁1955年製 47m』、『下の沢橋梁 1955年製 47m』
『中の沢橋梁 1955年製 50m』が残っているそうですが樹木に隠れて見えません。

でも、トンネルらしきものが見えます。ちょっと怖いなあ~。
j5.jpg


この先、糠平ダムで造られ糠平湖です。
ここの地名は『ぬかびら源泉郷』という珍しい名前です。
1919年に原生林の中に温泉が発見され、その後、1934年に大雪山系の国立公園に指定され、
1955年に糠平ダムの運用となったのをきっかけで温泉観光を中心にするという方針で、
源泉掛け流し宣言をしたうえで2009年現在の地名『ぬかびら源泉郷』という地名に変更したそうです。

東大雪の自然を楽しむ人が多いからでしょうか、温泉以外に『ひがし大雪自然館』という施設があり
この周辺の動植物や鉱物資源、遺跡の展示などもありとても興味深い施設でした。
ここでタウシュベツの情報も得られるみたいです。

この施設の窓から、偶然に娘がガラス越しにエゾシカの親子を発見。
320-500.jpg
w1.jpg

さすが、自然の宝庫!

ここで、犬たちはちょっと散歩をしてリフレッシュ。
l1.jpg
温泉街なら熊も出てこないよね~。たぶん。

その後は、犬たちは車で待機してもらい、人間だけここから歩いてすぐという糠平川橋梁を求めて少し歩きました。 

比較的、温泉街に近いので安心とは思いますがなるべく大きな声出して熊に用心!

歩いてわたるこの橋が『糠平川橋梁 1955年製 63m』でした。
j6.jpg
下からみたら
j7.jpg



再び、車に乗り移動です。
車を降りて案内板を頼りに湖畔に下りた娘と夫が仰ぎ見るのが『三の沢橋梁 1955年 40m』
128-500.jpg
上に乗っているのは私です。奥が自動車で通ってきた現在の橋です。

湖畔はこんな状態。
122-500.jpg

左の奥にタウシュベツがあると思われますが・・・。
この時点では水にどのくらい沈んでいるのか想像もできません。
例年ならすっかり埋まっているらしいのですが・・・。

再び車に乗りパーキングのあるところまで移動。
5nosawa.jpg
こちらも湖畔に下りて見る『五の沢橋梁 1955年 7m』
5nosawa1.jpg

今までの中で一番小さいですが、がっしりとした感じです。

ここの湖畔からは遠くにうっすらとタウシュベツが見えましたので、カメラの倍率を上げてみました。
tu1.jpg

おお!タウシュベツ川橋梁がくっきりと見えるではありませんか!
水没どころか全景がくっきりです。

これはタウシュベツ展望台まで行くともっとはっきり見えるに違いないとやや興奮気味に移動です。
タウシュベツ展望台は国道沿いに車を止めて自然の森を歩き進みます。
150-500.jpg
驚くほどの巨木があったり、苔むした樹木が生い茂っています。
m1.jpg
ハイヒールでデートの途中で来たカップルが騒いでいましたので、熊の心配はないかと思いましたが、
油断はできない雰囲気です。
368.jpg

湖畔に面した木立の間から
t137.jpg
『タウシュベツ川橋梁 1937年 長さ130m』

水位が低くふもとまで歩いていけそうな感じですが無理です。
何人かの人が見えますが対岸は林道も閉鎖されていて、一般人は近寄れません。
一部の許可を得た人やNPOのツアーだけが近寄れるらしいです。
tau4.jpg

糠平湖の水位が上がると水に浸かるので、
今までの橋とは比べ物にならないくらい老朽化していて丸みを帯びた姿が古代遺跡のようです。

tu5.jpg


tau5.jpg


一部の報道ではこのところの老朽化でかなり崩れてきていて
この美しい姿も今年限りではと云われていたので心配ですが・・・
思い切って出かけてきて見られてよかったです。(‐^▽^‐)



ここで、時間が午後3時をまわったので、来た道を戻り上士幌へ。


さて、熱気球は見られるのか?


(=⌒▽⌒=)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シベリアンミント

Author:シベリアンミント
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。