スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護フェステイバルに

今日はこんなイベントに行って来ました。


犬姫猫殿日記

犬姫猫殿日記

以前に紹介したイベントです。

リリーの使っている目薬をいつも行っている獣医さんに

出してもらおうと思ったら、このイベントに

皆さん参加中で連絡が取れない状態なので、

リリーの気晴らしも兼ねて来てみました。


犬姫猫殿日記


1年ぶりのイベントでたくさんの犬が来てました。

犬姫猫殿日記

他所の犬が気になって自分の眼をかくどころじゃないので

すこしだけカラーをはずしてうろうろしてみました。

犬姫猫殿日記


どこかに、馴染みの先生がいるはず・・・。

先生どこ~?


犬姫猫殿日記

去年もおととしも簡単に見つかったのに、

今年はわからないなあ。


犬姫猫殿日記


しつけ教室のヒロウチ先生は今年もいたので

挨拶だけしてきました。


犬姫猫殿日記


結局、入場案内をしていた先生の奥さんに

目薬をお願いして明日取りに行くことにして

20分もいないで帰ってきたのですが

久々のたくさんの犬にあえて嬉しかったようです。


それに、兄者がブースをまわって美味しそうなフードの

試供品をたくさんもらってきてくれました。

気が利くね~!(笑)

犬姫猫殿日記

それにしても、年々大きな犬の姿が減ってますね。

小さい犬が多くて賑やかでしたよ。


来年はもっと楽しめるように
元気になろうね。



スポンサーサイト
関連記事

仲良しの昼寝

リリーが闘病中、モモタロウくんはお留守番ばかり。

トム&ジェリーのような遊びもなく、かなり気を使って暮らしています。

リリーの機嫌の悪い時は側にも寄りません。


でも、今日は日当たり良く温かいソファで揃ってお昼寝です。

犬姫猫殿日記


昼寝の時も、ラッパ姿のリリー。邪魔そうです。

犬姫猫殿日記


写真を取られているのを気づいているけど、眠い~。

耳だけで反応してます。

犬姫猫殿日記



寝相の悪いリリーは大胆な寝姿。
犬姫猫殿日記


モモタロウが蹴られそうです。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=khs52qg75nW:bhae:Np:dh:0kJc940ZJw6Sgf7/xmLaqgYYUggKJUd:Dx/P:xg:PV:Y.VhZKWJMM8RihckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


ニヤリと笑ってるリリー。

犬姫猫殿日記


とっても平和なひと時です。




25日はまた、リリーの病院で検査。

前日まで、白くなり事も無く安心していましたが、

24日の11時の点眼後に右目に濁りが出てきました。

キサラタンを点眼後すぐに治まったのですが、

25日の朝5時にまた濁りが出ました。

それも、点眼後にすぐに治まって


朝9時30分の予約なので、8時だいの通勤車大群をぬっての運転。

毎度ながら菊水の病院まで1時間が長い長い。

病院に着くと,少し左目に濁りが出ているので、また点眼。


先生に状況を言うと、

「うーん。良くないですね。

外科的処置をしてからのこの状況では、

あまり良い事ではなく神経の損傷が懸念されるので・・・。

もう、見えていないと思います。

今後、右の眼を大事に守る事を考える方向でお話をします。」

・・・・

ショックですが、診断は診断で冷静に聞かなくては・・・・。

まだ、見えていると思うようなしぐさもあるし、

まだ諦めきれないですが

現実なら、早々に次の対策も必要なので・・・。


まず、前回の話と同じ説明で、痛みをとってやる方法は・・・

眼球摘出かシリコンの義眼か、抗生物質を注入。


眼球摘出は実際、今時はあまりやられていない。


抗生物質注入は5分くらいの部分麻酔で済むが確実性に欠ける。

稀に、うまく行かないと外科的措置でシリコン注入。


だったら、始めからシリコン注入で義眼が良いかと云うことになるが

こちらは全身麻酔と入院が必要。


これしかないんですね。

でも、前回の手術から1月はおかないとリリーの体が心配なので

それまでは、今の体制で点眼で痛みがこない様にしてやるしかないとの事。


頑張って、義眼を受け入れるしかないですかね・・・。

義眼になって、痛みの心配がなく元気に遊べるようになったほうが

幸せだろうと言う考え方もあります。


自宅に帰って、悶々と考えましたが、

ひと月頑張ってその時の状況を見て、最終決定するしかないでしょう。

ここで、暗くなってもしょうがないので、これまでのように頑張って見ます。


とりあえず、次回の検査は10月3日。

それまで良くなってくれる事を願って頑張ります。







関連記事

ちょっと散歩

22日の眼球の注射の効果か、

左眼もほとんど白くなる事も無く
翌日を迎えました。

犬姫猫殿日記


ご機嫌もよく、おもちゃ遊びをしては

エキサイトしすぎと怒られています。

犬姫猫殿日記
ここのところ、お散歩も無しで

可哀想なのでせめて買い物のお供くらいと出かけました。

車の窓から外の様子を見ながらワクワクと嬉しそうです。


札幌市内を移動していると、急に頭を隠して悲しそう・・・。

「どうした?」と見ると、いつもの病院に向かう道。

見慣れた歩道橋・・・昨日の恐怖を思い出したかな。

今日は病院じゃないよというと,少し安心した様子。

ちゃんと覚えているんだね・・・。

可愛いね~。



途中で息子と合流してから、少し歩かせてやろうかと

百合が原公園に行きました。


犬姫猫殿日記

嬉しくって一生懸命に歩きすぎ・・・。


犬姫猫殿日記
疲れすぎてはいけないので、

ほんの15分くらいの散歩です。

公園はもう花も少なくなっていましたが、

白いハマナスが咲いてました。
犬姫猫殿日記
ゲラニュームも少し。
犬姫猫殿日記

公園にはたくさんのお散歩ワンコがいたので

少しでも気分転換になったようです。


犬姫猫殿日記

久々のお散歩は疲れたようです。

すっかり筋肉も落ちているので、はやく治って筋肉をつけなきゃね。


犬姫猫殿日記

23日の夜の左眼・・・きれいでしょ。

犬姫猫殿日記


今日は無事に夜を迎えました。

楽しい夢を見られたかな。

犬姫猫殿日記
次回の病院は25日。

また、頑張ろう。

関連記事

へこんだり、しぼんだり

17日の退院後、自宅のもどるとぐったりと疲れています。

僅かな間に2度も手術になってさすがにやつれてきました。


それでも、ご飯をちゃんと食べて、ゆっくり眠れるようでなによりです。

犬姫猫殿日記
眼の眼圧を制御するためのバイパスを作ったので

これで安心と思ったら,現実は簡単じゃないみたいです。


今回の手術で新たに傷を作った事で炎症も新たに発生し、

手術の出血で眼内に浮遊している血液があると言う状態
なので、折角のバイパスも詰まって機能しない事もあるとか。


今、炎症で赤くなっている眼がまた白く濁ってきたら

即にキサラタンを点眼をして維持をしないといけません。

眼が離せない状態です。


濁るというのは、眼内の分泌物が貯まって

眼圧が上がり神経を痛める状態です。

これは、とても痛いのだそうです。


犬姫猫殿日記
リリーがこんな格好で寝ていても、

こちらは眼のチェックを怠れません。

寝ずの番です。
犬姫猫殿日記

白く濁ることが無いので、安心しかけたら

リリーが寝入ったくらいから徐々に曇りが出てきます。


あわてて点眼をして様子を見ると1時間くらいで消える。

こんな状態の繰り返し。


眠くて瞬きが減ったり、代謝が減ると濁りが出てきます。

眼が放せない状態ですが、白い濁りが留まることが無いように

コントロールをしなければいけません。


何とか、ペースがつかめた18日の夜には

援軍の夫が帰宅したので交代で仮眠が出来ました。

犬姫猫殿日記


19日の朝には病院で検査です。

先生に周期的に濁る状態を説明して診てもらいました。


「炎症は思った以上に良くなってきているみたいですが、

眼圧のコントロールには不安があるので、

今後についてはあまり良くない事も覚悟してください。」と言う話です。

「神経がやられてしまっては、失明は仕方ない事なので

今後は眼圧が上がって痛いだけという状態に

なってしまうこともあります。

そうなったら、眼球摘出をして義眼を入れるか、塞ぐか。

義眼をいれると今後は義眼のケアの必要があります。

塞いでしまうというと、容姿的に悲しいと思います。

塞がないで、眼を残して眼内に抗生物質を注入して

病変のみを抑えるという処置も5分くらい出来ますが

白くなった眼で小さくなりやはり容姿的に問題が出ますが・・・。」と

最悪の状況の説明をされました。


でも、まだ、頑張っているんですが。

まだ、おもちゃを追って見ているし、

まだ神経までやられていないのですよ。

いささか、腹が立ちましたが・・・そういう状況に近い所にいるんだ。


こんなに頑張っているのにと思うと凹みました。

でも、まだ闘病中で投げ出したわけではないので

気持ちを新たに点眼薬を貰って帰宅しました。


その後、連休中は家族揃ってリリーの様子を見ながら

異常があれば点眼の対処して、徐々に濁る事がへってきました。

22日には、1日に2回くらいの濁りが出てきただけになりました。



22日の午後は再び病院で検査です。

病院の検査では炎症がかなり良くなっているとのこと。


白い濁りも1日に数回と言う事で、

先生は新しい処置をして見ましょうかと言い出しました。


犬姫猫殿日記
以前にも云っていたのですが、

全身麻酔を2度もしたばかりなので出来ないと

云っていた処置です。


軽く眼に部分麻酔を点眼して、眼球に直接注射をして

分泌物質を溶解する薬を入れるという。

看護士と私、夫でリリーを押さえていざ!!


さすがのリリーも眼球に直接の注射はかなりの恐怖で

ガタガタと震えました。

これは無理か・・・。
犬姫猫殿日記

でも、折角のチャンスなので期を逃さずに

やりましょうということで

結局はゆるい全身麻酔を注射され、

クた~ッとなった所で眼球に注射されました。


麻酔は弱くかけてくれたのですが、

覚めるまでしばし待って帰宅しました。


帰宅後はさらに眼の注射が効いてきて、

分泌物が溶け出して眼球が小さくなっていきます。

黒い瞳がしぼんで、白目がシワシワになって・・・。

眼圧は下がり、貯まっていた分泌物も排出された状態です。

犬姫猫殿日記

左右の眼のサイズが違ってます。


痛みは無いようです。

犬姫猫殿日記

翌日まで、小さくなった眼でしたが、徐々に元に戻りつつあります。

でも、眼圧の上昇はなく、夜も安定していました。

犬姫猫殿日記

まだまだ、眼が離せませんが良い状態になってきました。

やれやれです。


。。。。。。。


不思議な事に、21日の夜中にソファでに仮眠をしていたら、

傍らに7月に亡くなったリノアの気配を感じました。


リノアは亡くなる寸前に右の眼が老齢性の白内障でした。

お骨にした時、右の眼の部分だけに

真っ黒な煤のような物が付いていて

霊園の職員の方が、

「この子は右目が悪かったんですね。」と教えてくれたんです。


リノアの気配を感じた時に、一瞬ですが

リノアがリリーの悪い左眼を持って行って、

代わりに良い左眼をくれたらなんて思ったのですよ。

その時、すぐにリノアは消えてしまったけど・・・。


今、リリーが少し良くなってきたのは

リノアのおかげのような気がしています。

リノア、リリーを守って頂戴ね。

関連記事

帰ってきました~。

15日に再入院して、皆様にご心配を頂いておりましたが、

今日の朝の病院からの電話で迎えに行き、退院となりました。

お見舞い、応援ありがとうございました。

犬姫猫殿日記

昨日の電話では、眼圧の維持は出来ているものの、

手術により炎症が悪化している状態です。

相変わらずご飯も食べず、先生以外に触られるのを嫌がるので

口輪をされたままゲージに入れられていて

かわいそうな状態なので早々に帰してあげたいのだが、

まだ術後24時間たっていないので何かあっても不安だろうと

退院は見合わせたのですが。



今日は、眼圧の状態も安定していて

炎症もこの前退院した時よりは良い状態なので

迎えに来ても良いでしょうと云う電話。

犬姫猫殿日記



今回は眼圧を制御するために眼の中の水分を逃がすバイパスを作る手術をされたリリー。


犬姫猫殿日記

バイパスを通った水分は上瞼の中に吸収されるようになっているそうです。

でも、分泌される組織がバイパスを塞いでしまったりする事もよくある事で

「前日に同じ様に手術したシーズはすでに2回も詰まる状態になったので

これが万全とも云いがたいのですが・・・。」と言う話。

詰まった時は早々に詰まりを解消するために溶解薬を

直接、眼に注射で入れないといけない。

そのために、また麻酔をしないといけない。

(「やっぱり、大型犬は怖いので・・・。」と申し訳なさそうに云う先生。)

ここのところ、麻酔が2回も続き、体に負担がかかっているのが

心配なのでこれは避けたい。


白内障を起こす組織が分泌されたり、炎症の組織はバイパスを塞ぐ元凶。

炎症が治ればかなり、効果的に機能をはたすのですが、

手術で炎症を作っているので微妙な駆け引きです。


なんとか、このバイパスがちゃんと機能してくれますように。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=1ys52qg75nW:bhae:Np:ch:ymJcu5jewz_VFf7/xmLaqdWYUigKJUd:Dx/P:xx:OV:W_VhKLFOiPBUHhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


ともかく、自宅に帰ると嬉しいリリー。

はしゃぎすぎて、どうしていいのかウロウロ。

骨でもかじってカルシウム補給する?(笑)



笑顔です~。

犬姫猫殿日記

なんとか、今起きている炎症が治って、すっきり完治となって欲しいのですが・・。


ともかく、またまたケアの日々です。

今回は飲み薬も増えて、4種。

点眼薬は6種類を5分おきに1日4回。

異常があれば即、病院へという体制です。


異常がなければ19日の朝の予約で検査です。

異常がない事を祈ります。


まずは、どうか、無事に朝を迎えますように・・・。




皆様、たくさんのコメントありがとうございました。

ともかく、こういう状況です。

個々のコメントにお答えできませんが、感謝感謝です。

本当にありがとうございました。


闘病はまだまだ続きますが、できる限りは頑張ってゆきますので

よろしくお願いいたします。



関連記事

再手術・・・。

前記事で経過報告をして、何人かの方からコメントをいただきました。

温かい応援と励ましありがとうございます。


でも、ちょっと凹んでしまって・・・。

個々のコメントにお返事が出来ません。

すみません。


13日のリリーはこんな様子で、炎症もかなり良くなってきていました。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=74s52qg75nW:bhae:Np:cf:0oF0v/1nwkILMf7/xmLaqccRWpgKJUd:Dx/P:x3:OT:YBR5LRXXcAKKOhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

ここのところ、夜11時からの目薬の後、

居間のソファに毛布を持ち込んで、仮眠を取りつつ

夜中に何度かリリーの眼の様子をみるのが日課になっています。


ですが、13日の夜中になってちょっと白濁が出てきました。

眼圧が上がったかとあわてて眼圧抑制の目薬をさして様子を見ました。

日が登る頃には、曇りも取れたのですが、

病院の開く時間に眼科の先生に連絡をいれて急遽見ていただくことにしました。


急ぎ車を走らせて1時間、

病院に着いて診てもらうとやはり眼圧が上がっていました。

でも、急ぎに使った薬で下がってきている様子だと言う事です。

またしても、ぎりぎりセーフです。


先生から、眼圧抑制の薬(キサラタン)を1日2回から3回に変更、

ステロイドの副作用で胃に負担がかかるのを懸念して

内服薬の変更と胃の保護の注射をしてもらいました。


午後からは変更された薬のローテーションで点眼です。

5種を5分おきに点眼。


眼圧抑制のキサラタンの効果に期待して夜を迎えました。

夜11時20分、キサラタンを点眼して安眠・・・。


犬姫猫殿日記
ですが、朝方4時にリリーの眼を見たらまた白い濁りが・・・。

急ぎキサラタンを点眼して様子を見る。

今回はなかなか濁りが引かない・・。


本犬はさほど気にしていないのか、食欲はあり

朝ごはんをぺろりと食べて、ウンチも普通に出た。

ご機嫌もまあまあ良いのですが・・・。


今日15日は10時の予約なので、それにあわせて病院へ。

検査をするとやっぱり眼圧が高くなっていました。


キサラタンの効果が出なくなったようですとのこと。

また、先日のように眼圧を下げる点滴をして

一時的に眼圧を下げる措置をした後、

状況をみて軽い麻酔をかけて外科的な処置で

眼圧を下げるようにしましょうと言う話です。


出来る措置はそれくらいしかないみたいなので

お願いしました。
犬姫猫殿日記

リリーを預けて自宅に戻り、午後になって病院から電話が来ました。

「眼圧は点滴で下がった後、順調に維持している。

炎症は現在見られないくらい良くなっているので、

ここで外科的措置をします。

ただし、外科な措置で完全に良くなる保障はありません。

外科的措置では出血が多いです。また炎症の発生も考えられます。

了解しますか。」と言う確認です。


どうも、朝の話より緊張感漂います。

でも、お願いするしかないです。


夕方5時近く、再び病院から電話です。

外科的措置が終わってお迎えに来てくださいという話かな・・。


「手術は無事に終わりました。

先日手術で全身麻酔をしたばかりなので、避けたかったのですが

今回も全身麻酔にしました。

少々麻酔からの覚め方が前回よりは悪いのですが、

今はもう完全に覚め、心臓などの機能も問題ありません。

手術後に再び眼圧が安定しなかったり、

出血が眼に入ったなどで炎症が発生してくることもあるので

今回は2日くらいは入院してもらうことになります。

なるべく早く退院できればよいのですが、

退院の日時は明日以降の状況をみて連絡します。」とのこと。


日帰りの措置とばかり思っていたのに・・・。

入院になってしまいました。

それも、この前の手術より長いし・・・。

この1週間、なんだったんだ・・・もう、がっくりきちゃって。

気を張って頑張ってきたので、疲れが出ましてへたってしまいました。


でも、また痛い思いをして、寂しい思いをしているリリー。

良くなってくれるのを祈っています。

早く、迎えに行けます様に。


こんな状況なので、コメントのお返しは出来ません。

ご容赦ください。





関連記事

近況報告です。

ご心配をおかけしまして・・。


経緯を話しますと、

リリーは10ヶ月の時に若年性白内障(ハスキーに遺伝病)の症状が

出まして手術で人工レンズを挿入しています。(闘病記→)


でも、左目はなかなか白内障が治らなくて

再手術で組織だけをとるなどしました。

(昨年6月http://yahyahyah.a-thera.jp/article/1405059.html


定期の検査でも、左目の白内障組織がまた異常発生しているので

いつ悪化するか心配されていました。


白内障は進んで白濁で見えなくなるのはもちろんですが、

眼内の圧力が高まり神経を害すると緑内障へ悪化したり、

炎症によっては失明。

更に悪化すると、脳神経まで炎症が進むことも

あるので眼の摘出も必要になる。

非常に怖い病気なのですが、

普通は10歳以上の老犬に出るものです。

でも、ハスキーは遺伝病で稀に出てしまうのです。

これが1~4歳くらいで出るのが若年性白内障。

パグやシーズーにも最近多いらしいです。

(ウサギにも多いです。)


いつ症状が出るかは判らない・・。


元気に楽しくしていた9月6日の夜中に急に眼を痛がるリリー。

白内障から緑内障に移行する症状なので、

急ぎ緑内障予防薬を点眼して

翌日の朝に病院へ行きました。


検査の結果、眼圧が正常値の4倍、炎症も起きているので

非常に危険な状態ということで

そのまま点滴で眼圧を下げる薬と抗炎症薬を投与。

順調に眼圧が下がってくれたので、炎症に対する治療を

継続して炎症が治まったら即、

白内障の組織を除去する手術と緑内障の手術をしましょうという事になりました。


翌日の9月7日、8日と朝から病院に行き、

点滴と注射を受けるリリーを預け、夜に迎えに行きました。

何とか、手術が出来るかどうか・・・という状態でしたが

9月9日も朝から病院に連れて行き、

夕方の状態を診て手術しますということに。


9月9日に午後に先生から

「状態が落ち着いているので、手術をします。」という連絡。


左眼の水晶体の中に挿入しているレンズの周りと

前面に発生した白内障の組織をレーザーで除去。

更に、異常に発生していた組織が瞳に癒着していたそうで、

そこも除去。

これが炎症の元だったようです。

緑内障までまだ進んでいなかったので、その手術はしませんでした。


白内障の組織を除去してから再発をするのは犬だけだそうで、

それも稀な事らしい。普通は1回の除去で終わるんです。

更に、3回も手術しなければならない子もそういないのだとか・・・。

(溜息・・・。)


こんな困った症例はなかなか無いので、先生も大変です。

初回の手術で挿入したレンズも、新製品を入れて右と左で違いますが、

今回も学会で見つけてきた新兵器と新技術を使ったそうです。

挿入しているレンズを保護して周りに発生した白内障組織が

レンズの部分に入ってこないようにバネにような器具を

学会で見つけ海外から入手したのだそうです。

それと、あわせてある水粒子を挿入する事で、除去後に

僅かに残った組織を溶かすという技術も取り入れたのだとか。

これは、期待が持てます。


無事に手術も終わり、後は予後の心配です。



本来は5日から1週間の入院観察が必要なのですが

病院でご飯を食べない駄々っ子をまたしてもしまして

体力の低下を危ぶんだ獣医の判断で10日の夕方に退院となりました。


リラックスする自宅でケアしたほうが、予後が良かろうということです


犬姫猫殿日記

自宅では1日2回の食事の時間に3種の投薬。

1日4回の点眼では、5種の薬を5分ごとに挿し、そのつどの状態を見ます。


ステロイドも使っているので下痢や嘔吐が無いかの注意も必要です。

帰ってからは疲れがあるので、だいたいこんな感じで寝ています。

犬姫猫殿日記
光っているのは眼内レンズ。


でも自宅に戻ると、嘘のようにご飯を食べてくれるので何よりです。

ご飯を食べた後でも、キャベツの切る音を聞きつけて・・・。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=nks52qg75nW:bhae:Np:cd:x6zg4E9ZHkVIPf7/xmLaqbeRUigKJUd:Dx/P:xj:OR:VT/lUXfJHAXHRhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


退院後、手術によって発生した炎症が酷く、点眼を痛がるので心配でしたが、

9月11日、12日と連日の通院で炎症を抑える治療です。


順調に思われましたが・・・。


9月12日の夕方に検査でまたしても眼圧が急上昇。

急遽、眼圧を下げる点眼薬をして様子みる。

・・・

幸い、薬が効いて再入院は避けられました。


もし、薬が効果なかったら再入院で麻酔をかけて

眼に中にある余分な水分と白濁物質を吸引して

眼圧を下げる措置をとる事になるところでした。


が、夕飯時でかわいそうとおにぎりを少し食べさせた飼主のせいで

この措置が出来ないというハプニング。

麻酔中に嘔吐して、窒息とかの事故になる可能性があるからとか。

(反省・・・。)


昨夜の眼圧の薬がちゃんと効果をあげているか、確認をするために

今日(13日)も朝から病院です。

麻酔に備えてご飯抜きです。

犬姫猫殿日記

いささか、ふてくされています。


でもちょっと余裕があるのか、カメラに笑ってみせるリリー。

スマイル~。

犬姫猫殿日記


検査の結果、眼圧の維持は出来ているので

麻酔処置はないということです。

でも、この際に炎症も封じたい先生は点滴を指示。

犬姫猫殿日記

犬姫猫殿日記


え~っ!これが最新の自動点滴装置なんだと。

(白い器械。)


その間はご飯をどうぞと出されました。


犬姫猫殿日記


でも、「好みじゃないの!」と1粒放って無視。オイオイ・・・。

犬姫猫殿日記

点滴後は自宅に帰って

遅い朝ごはんを食べて、昼寝です。

眼のほうも異常は無いです。


昨晩は夫の運転で病院は行きましたが、

夫は赴任先のマラソン大会の手伝いでまたまたお出かけ。

18日の夜まで戻りません。

しっかり、リリーの治療費を稼いでくださいませ。


連日の札幌までの運転で私もお疲れでしょうと、

次回の検診は火曜日(15日)の朝。

このまま、無事に症状が治まってくれますように。


まずは、

心配でメールでお見舞いくださった皆さんにご報告まで。

まだまだ、先はわかりませんが、

リリーは元気になってきてますので、ご安心ください。

応援、励ましありがとうございました。

関連記事

こりゃなんだぁ~?

野菜の直売所でこんな大物を発見。


おもしろそうなので、リリーに見せてみました。



クンクン、怪しい奴!
犬姫猫殿日記

でも、大好きな野菜の匂いがする・・・。


犬姫猫殿日記

えぃ!えぃ!


犬姫猫殿日記

うごかないのか?


犬姫猫殿日記

ではここからは動画で。


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=lis52qg75nW:bhae:Np:bj:z/qm/yq2bm52Tf7/xmLaqadXSogKJUd:Dx/P:xh:NX:XY2rbEMmdC71VhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray


見たこと無いこんな大きな野菜・・・夕顔です。

長く長く長く剥いて、干したらカンピョウです。


おもしろ野菜を見ると手が伸びてしまいついつい買ってしまいます。

雨雲が見えなくなったら剥いて自家製カンピョウに挑戦です。




ところで、

前回の検診で、白内障の症状は進んでいて

近くに再手術の必要があるといわれていたリリーです。

犬姫猫殿日記

確かに、最近は左眼の白濁が目立ってきて、心配の種でした。

ちょっと、心配になったので病院で診てもらったら、

これはいぞぎの治療が必要ということになり

今日は急遽手術となりました。

いま、病院で頑張っています。


状態が良ければ

明日にも自宅に戻りますが、またしばらく安静生活です。

私も1日中付きっ切りの点眼生活。


なので、しばらく状態が落ち着くまで、

コメントとベタも、お返しできないので少しの間、閉じさせていただきます。

ご了承ください。





関連記事

夕暮れデート

日曜日の夕暮れ時、沼の公園に行きました。


待ち合わせなんですよ~。

犬姫猫殿日記




犬姫猫殿日記





お相手は・・・カブ君と

パパさん、しっぽさん。



ランでは雨で十分に遊べなかったリリーですが、

カブくんたちがこちらに来るというので

追っかけをしてしまいました。(笑













大好きなカブ君としっぽさんにあえて嬉しいです~。


犬姫猫殿日記


嬉しいハスキーは激しくじゃれあいます。楽しいそうだけど・・・


script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=aXs52qg75nW:bhae:Np:bj:0m2o_BwkBsRAjf7/xmLaqadVWogKJUd:Dx/P:xW:NX:Y_BtcUSUOIT_lhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray




script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=OLs52qg75nW:bhae:Np:bj:02E3F9tt0iB4Kf7/xmLaqadWNngKJUd:Dx/P:xK:NX:YPQ8iPPdM/D3MhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

楽しいあまりに、激しいので「ノー!」と

レフリーの声が入りました。(笑


でも、一声で止めるなんて、えらいね~。



でも、場所があると再び、じゃれあってます。


犬姫猫殿日記


夕暮れも進んで、薄暗くなったきました。

犬姫猫殿日記

しっぽさんの好きな『珠』と

チキンを堪能して

いざ行かん・・・。



何が始まったの?

犬姫猫殿日記


アリスちゃんが見ていた噴水ショーが

あまりにきれいだったので

来てみたのですよ。


犬姫猫殿日記


わ~っ!お水~!!

犬姫猫殿日記


びっくり!!


犬姫猫殿日記


きれい!!

犬姫猫殿日記

ドキドキ、ワクワクのリリー


犬姫猫殿日記

手すりにアゴを乗せて見入っています。


犬姫猫殿日記



犬姫猫殿日記



雨のランで不満足だったけど

カブ君とも遊べたし、

きれいな物を見れて良かったね。








関連記事

9月6日のドックラン

土曜日(9月5日)は2週間の間インターンシップで留守だった兄者が

帰宅して大興奮でお迎えをしたリリー。


その翌日はいつものランに行き、思いっきり走るぞ~。



この日は、雲は厚いにも拘らず、たくさんの犬が来ていました。

特に、ボーダーコリーがたくさんでオフ会なのかなと思ったのですが、

違ったようで、皆仲良く遊んでくれました。


犬姫猫殿日記


山に上も探検。

キノコがたくさん出ていますが、食べちゃ駄目だぞ!


犬姫猫殿日記


ボーダーコリーは足が速く、

かけっこをしても置いてゆかれます。

疲れたら、バケツ掘り~。


犬姫猫殿日記


コーギーのスズちゃんが

はじめて見るリリーのバケツ掘りに固まっています~。(汗



ボール遊びも楽しく、テニスボールもダイレクトキャッチ。

犬姫猫殿日記



大きなピンクのボールをボーダーコリーちゃんと仲良く遊んでます。

犬姫猫殿日記

「それ、ちょうだい!」



「つぎ、あたし~!」
犬姫猫殿日記

投げたボールを交互に持ってきます。

犬姫猫殿日記


リリーにはすこし大きくてアゴが疲れそうですが

楽しいらしく何度もやっていました。


でも、山からの雲が急に大雨になったので

今回は1時間もしないで退参。


リリーはいささか不満なようでしたが・・・。

せっかく、涼しくなって遊び易いのに雨じゃあね・・・。



関連記事
プロフィール

シベリアンミント

Author:シベリアンミント
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。